LINEスタンプの作り方

LINEアプリを使っていて、LINEスタンプを作ってみたいと思ったことありませんか?

Lineスタンプ一杯あるけど、気に入ったのがない…

この写真、スタンプにして使いたい…

でも、スタンプ作るのなんて、難しそう…

そんなあなたでも、LINEスタンプを作成することができます!

用意するもの

今回はスマホでLINEスタンプを作っていきます。
その為に、以下が必要です。

  • アプリ
    LINE Creators Studio
     ※LINEスタンプを作って、申請ができるアプリです。
      初めてLINEスタンプ作る方には、「LINE Creators Studio」(無料)がおススメです。
  • 素材(自分で撮った写真や、自分で書いた絵など)
  • インターネット環境
  • やる気

以上です。

スタンプ作りの大まかな流れ

1.アプリのLINE Creators Studioをインストール
2.アプリを起動し、スタンプを作成
3.スタンプを申請
 LINEの運営会社にスタンプの審査をリクエストします。
4.審査が通ったら、そのスタンプをダウンロード

アプリのLINE Creators Studioをインストール

iOSの場合、APP Storeからインストールします。
Androidの場合、Google Playからインストールします。
無料でダウンロードできます。

スタンプの元の絵や写真を用意

スタンプの元となる絵を描いたり、大好きなペットの写真を撮ったりして、LINEスタンプの元となる絵や写真を用意します。

アプリを起動し、スタンプを作成

 インストールした、LINE Creators Studioを開きます。

「+」をタップし、LINEの元となる写真を選びます。
切り取りや言葉の追加、ブラシの追加をして、スタンプを作成していきます。

LINEスタンプは8個、16個、32個単位で申請できるので、
同じような手順を繰り返して、最低8個作成します。
初めて作る際は、元写真は1つで、言葉やデザインを変えて
8個作成することをおススメします。

スタンプを申請

スタンプを作成したら、LINEを運営する会社に、そのスタンプの審査をリクエストします。
審査が通ると、初めて、販売開始/ダウンロードができます。

※ タイトルのEnglishは、英数で入力します。
 LINE全体で既に使われているタイトルは登録できません。
 このスタンプ唯一となるようなものを考えましょう。
 既に申請したスタンプに似たスタンプの場合は、末尾に001など、通し番号をつけるのも手です。

販売開始できたら、そのスタンプをダウンロード

これでLINEスタンプの完成です。

LINE Creators Studioで作るメリット

  • LINEスタンプが簡単に作成できる
  • 作成~申請まで1つのアプリでできる
  • 自分のお気に入りの写真を使える
  • 自分で作ったLINEスタンプが使える
  • 他人は使えない自分だけのスタンプも作れる
  • 自分で作ったLINEスタンプは無料でダウンロードできる
    ※ プレゼントは除く

LINE Creators Studioで作るデメリット

  • 作ったLINEスタンプを販売しても、売上金は入らない
     ⇒ 他のアプリを使うことで、売上金がゲットできます。
  • LINE Creators Studioで作成した旨がスタンプショップ画面に表示される

まとめ

初めて作る方は、
LINE Creators Studio で作成することをおススメします。
理由は、LINE Creators Studioで作成することで、
LINEスタンプの大まかな作成の流れを知ることができます。

ただし、LINE Creators Studioで販売してもお金が入ってこないので、
慣れたら、他のアプリでLINEスタンプを作っていきましょう。

そうすることで、
・多くの方があなたのスタンプを使える!
・あなたは利用者からお金が入る!
・お金が入ることで、さらに良いものができる!
WinWinな感じになります。

他のアプリでのLINEスタンプの作り方は、別の機会に説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です